052-710-6724 お問い合わせ

注文住宅に求められる理想のリビングのかたち

注文住宅で後悔してしまうポイント

注文住宅を考えている人は、建てたあとに後悔しないように設計しなければいけません。
大体、三軒建てないと満足いく家は建てられないと昔から言われています。
多くの人が注文住宅を建てたあとに、後悔するポイントはいくつかありますが、多い意見としてはリビングの間取りと収納です。
注文住宅を建てるうえで、リビングは広く見せることが大切ですが、建てたあとに思ったほど広くない、という後悔をする人が多くいます。
また、リビングの収納スペースについても、収納スペースが狭い、少ない、使いにくいなどと、後悔する人が多いようです。
「こんな注文住宅にしたい!」と、だれでも理想はありますが、理想だけで設計してしまうと、後悔することになってしまいます。
そのため、注文住宅を建てる前に、後悔しないポイントを知っておくことは非常に大切なのです。
何年経っても、後悔しない理想的なリビングをつくりましょう。注文住宅で後悔してしまうポイント

理想的なリビングとは

リビングは、家族のコミュニケーションの場であることを忘れてはいけません。
子どもは成長するにつれて、自分の部屋にこもりがちになってしまいます。
そのため、子どもが成長しても必ずリビングを通らないと自分の部屋まで行くことができない、リビングもひとつの子ども部屋として設計することがポイントです。
例えば、勉強スペースです。
リビングに勉強スペースを設けることで、子どもが勉強したり、親も仕事や家事ができたりします。
そして、リビングは広く見せるのがポイントです。
家族が集まる場なので、窮屈に感じてしまいます。
個人の部屋を狭く、リビングは広くする設計をし、天井を高くすると広く見えるでしょう。
また、リビングに収納スペースは必須です。
マンションや一戸建ての場合、リビングに収納スペースがない間取りが多いですが、リビングは家族全員で使用するため、自然に物が集まってきます。
物が集まると部屋が散らかって見えてしまいますが、リビングに収納スペースがあると部屋が綺麗に見えます。理想的なリビングとは

自由度が高い注文住宅

注文住宅だからこそ、自分の理想を実現することができますが、逆を言えば、自由度が高いため、失敗する可能性もあります。
デザインを重視することも大切ですが、家族全員が快適に暮らせるようなリビングをつくりましょう。
図面上では、理想通り!完璧!だと思っていても、生活をしてみなければわからないことがたくさんあります。
後悔しないためにも、事前にポイントをおさえて設計しましょう。

Back to TOP