052-710-6724 お問い合わせ

風通しの良さで見えてくる注文住宅の真価

24時間換気設備の導入

2003年から導入された24時間換気設備は、一般戸建や住宅へも設置の義務があります。
24時間換気システムは、室内の空気入れ替えを強制的に自動で行う換気設備のことです。
しかし、24時間換気システムを稼働させていると電気代が高くなってしまう問題があります。
多くの人が自然換気を望んでいると思いますが、日本は湿気が多い国なため、間取や窓の設置に工夫をしなければ、自然に風を取り入れることができません。
間取や窓を自由に設置できるのは注文住宅の良さのひとつでもあります。
これから注文住宅を考えている方は、風通しの良い自然換気ができる設計にしましょう。
注文住宅は長く住む家だからこそ、住みやすく、快適に過ごすための工夫が必要です。
風通しの良さだけを考えてしまうと、冬に寒い隙間風が入ってきてしまうなどの問題が発生してしまうため、風が循環できる注文住宅を設計しましょう。24時間換気設備の導入

風通しの良い窓の設置

暖かい空気は高いところにこもります。
そのため、2階やロフトだけが熱くなってしまいます。
それを防ぐには、下から上へ風が循環するような間取にしましょう。
例えば、リビングに吹き抜けを作り、2階やロフトは空気がこもらないように外へ逃がすための小窓を設置します。
この2つの工夫だけで、空気の循環が良くなります。
また、窓の設置場所と大きさ、形状も適正でなければいけません。
窓が大きいと風通しが良くなる、というわけではありません。
逆に、窓を大きくしてしまうと、日光が入りすぎてしまうというデメリットがあります。
ですので、小さい窓を2つ、向かい合った位置で設置しましょう。
このとき、風がどの方向で流れているかを確認する必要があります。
風が入る窓と、風が出て行く窓を向かい合うように設置するのが風通しを良くするポイントです。風通しの良い窓の設置

防犯対策を兼ね備えた窓の設置

昔は、窓を開けっ放しにしている住宅が多かったのですが、最近では防犯上の理由で窓を開けっ放しにする住宅が少なくなりました。
窓を開けることで、空気の循環が行われるため、窓を開けても問題がない位置に風通しの良い窓を設置しなければいけません。
風通しの良さだけを考えた窓は、家の中が丸見えになってしまう可能性があります。
ですので、人通りの多い面は高く窓を設置し、打倒し窓をしようしましょう。
外からは開けられない窓を意識することが大切です。
注文住宅は間取と窓を少し工夫するだけで風通しが良くなり、住みやすい家をつくることができます。
電気代を抑えるメリットもありますので、自然換気ができる注文住宅にしましょう。
時間をかけて吟味してください。

Back to TOP