052-710-6724 お問い合わせ

高齢者も快適な住宅の在り方

従来の高齢者向け注文住宅

これまでの高齢者向けの住宅では効率優先で、老後ずっと住み続けたいと思えるような住宅が少なく、味気ない建物ばかりでした。
しかし、一番大切なことは「ここに住みたい」と思えるかどうかではないでしょうか。
確かに不自由なく生活ができる効率優先の設計は必須ですが、それだと施設のような無機質なつくりとなり、快適に住める環境とはいえません。
最近では楽しくなる空間づくり、居心地の良い高齢者向けの住宅が増えてきています。
今後、親のために高齢者向けの注文住宅を考えている方や、自分たちの老後を考えた住まいを探している方に、快適に住むことができる注文住宅の在り方をご紹介します。従来の高齢者向け注文住宅

高齢者向け注文住宅の基本

まず、高齢者向け住宅で気をつけなければいけないのは「段差」です。
段差につまずいて転倒すると、怪我や骨折を招きます。
骨折などで長期にわたり入院すると、そのまま寝たきりとなるケースも少なくありません。
寝たきりとなってしまうと認知症を発症しやすくなるので、骨折しないように注意が必要です。
建築基準法により「1階居室の木造床面を直下の地面より450㎜以上高くすること」と定められていることもあり、一般的な住宅では玄関の段差が大きい傾向にあります。
日本の文化として室内では靴を脱ぐため、靴の脱ぎ履きをしやすいように玄関には大きな段差がある住宅が多いのです。
段差があっても「手すり」があると、安全性は随分向上します。
立ち上がったり座わるときに、体が支えやすいことを十分に配慮し、身長に合わせて手すりを設置しましょう。
また、生活に必要不可欠なトイレ、洗面所、お風呂では転ばないように、段差をなるべく減らすようにしましょう。
トイレには立ち座りの動作を支えるL字の手すり、バスタブは湯船で溺れることを回避するために、浴槽自体を小さめに設計するという工夫も大事です。
また、スイッチやコンセントの位置も重要です。
人感センサーがあると電気の消し忘れを防止するため負担を軽くします。
コンセントの場所は手を伸ばしやすい高さ、腰を屈めても負担がかからない高さにしましょう。
高齢者向け住宅を選ぶ際には、身体の状態をしっかり把握することが大切です。
駅やバスが近いところにあるかなど、移動の面で不自由がないかも確認しましょう。
また、一般的な住宅では廊下や階段の幅、寝室の広さ、玄関、住戸内の温度差はあまり気になりませんが、ちょっとしたところが高齢になると住みにくさを感じます。
住む人がストレスを感じず、快適に暮らすには住む本人の意見が大切です。 そこに住む高齢者ご本人に希望を聞き、快適に暮らせる配慮をしましょう。高齢者向け注文住宅の基本

Back to TOP