052-710-6724 お問い合わせ

良質な木材を使った注文住宅の健康効果

健康効果も期待できる木材の住宅

人間が一生のうちにする買い物の中で、最も高額なものは家だといわれています。
そんな大きな買い物である家は、こだわりが随所に現れ、まさに住んでいる人そのものを表すといっても過言ではないでしょう。
少し前までは建売住宅などを廉価で購入する人も多くいましたが、最近では注文住宅というスタイルで、自分のこだわりを実現させようとする人たちもいます。
そんなこだわりを持っている方におすすめなのが、木材をふんだんに使用した注文住宅です。
木材は柔らかな印象もあり、住みやすい家、部屋になることでしょう。
実際に柔らかさもあり、これを床に用いることで足への負担が軽減します。
それ以外にも、木材を住宅に使用することのメリットが新たに発見されたのです。
注文住宅で木材を使用することのメリットはとても多くなっています。
また建築基準法の改正に伴い、木材の可能性も広がりましたので知っておくべきでしょう。
ぜひ、これから注文住宅を建設しようとする方は参考にされるべきでしょう。
まず、木材を住宅に使用することによるメリットです。
実は木材にはフィトンチッドという成分を放出する種類があり、この成分はもともと虫よけのためだったらしいのですが、その成分が人間にとってはリラックス効果をもたらしてくれることが最近の研究で判明したのです。
リラックスする=健康に近づく、ということなので、人間にとって良い環境ができあがります。
よく森林浴などをするとリラックス効果を得ることができる、などという考え方がありますが、実はこれはフィトンチッドを活用しているといえるのです。
このように、フィトンチッドの効果を十分に受けることのできる部屋を作るのは、まさに注文住宅の醍醐味といってもいいでしょう。健康効果も期待できる木材の住宅

建築基準法の改正と木材の可能性、そして健康効果

さて、そんな木材ですが、かつてはその強度への心配からある程度の規模の建造物には使えないという規制がありました。
しかしながら最近では工法の進歩や安全性の確認などを経て、一定以上の建造物に対しても木材を使用することができるようになったのです。
世の中が木材の価値を再認識したことの表れと言ってもいいかもしれません。
木材には、フィトンチッドだけではなく、肌触りや音響など様々なメリットがあります。
特に子どもがいる家庭ならば、木材を活用してみるといいでしょう。
値段も手頃になっていますから、導入しやすいでしょう。
木材を使っていると温度や湿気の調節なども行いやすく、冷暖房に頼らない環境が作られます。
その結果、体が冷えすぎたりしないので、健康的にも良いでしょう。建築基準法の改正と木材の可能性、そして健康効果

Back to TOP