052-710-6724 ご予約はこちら お問い合わせ

人間が一生のうちにする買い物の中で、最も高額なものは家だといわれています。
そんな大きな買い物である家は、こだわりが随所に現れ、まさに住んでいる人そのものを表すといっても過言ではないでしょう。
少し前までは建売住宅などを廉価で購入する人も多くいましたが、最近では注文住宅というスタイルで、自分のこだわりを実現させようとする人たちもいます。
そんなこだわりを持っている方におすすめなのが、木材をふんだんに使用した注文住宅です。
木材は柔らかな印象もあり、住みやすい家、部屋になることでしょう。
実際に柔らかさもあり、これを床に用いることで足への負担が軽減します。
こちらでは、木材を使った注文住宅を希望している方のために、「注文住宅の基礎知識」や「使用される木材について」など、憧れの注文住宅についての基礎知識をご紹介しています。

注文住宅に限らず最近は良質な木材をたくさん使用して作られる住宅が注目されています。木材による健康効果はいくつも知られていますが、リラックス効果や調湿による効果などが有名です。

生活動線という言葉が叫ばれていますが、確かにこれを意識した住宅だと住みやすいですし、家事も行いやすいでしょう。建売住宅では享受できないメリットを多数味わえるのは嬉しいです。

注文住宅のメリットはいろいろとありますが、最も大きなものは間取りを自由に決められるという点でしょう。家族が暮らしやすい状況を作れますし、家事の負担も減ることでしょう。

リノベーションブームがやってきていますが、これを行うことによってひと味違う素敵な住宅に仕上がるはずです。自分が今望んでいる間取りなどを形にできるのでおすすめです。

2階にリビングを配置することで豊かな採光や風通し、隣家や周囲の目を気にすることない生活を実現することができます。狭小地の多い日本の住宅事情で開放感を実現できるプランだといえます。

あまり気にならないところでも高齢になると住みずらさ感じることがあります。快適に暮らすには住む本人の意見が大切です。住む本人の身体の状況に合わせ配慮した住宅にしましょう。

ストレスフリーな二世帯住宅を実現するためには注文住宅で建てることが前提です。間取りや温熱環境、メンテナンス性などトータルで考慮して暮らしやすい住宅設計を行いましょう。

注文住宅を考えている方は、風通しの良い自然換気ができる設計にしましょう。注文住宅は間取と窓を少し工夫するだけで風通しが良くなり、住みやすい家をつくることができます。

多くの人が注文住宅を建てたあとに、後悔するポイントは、リビングの間取りと収納です。こんな注文住宅にしたい!と理想があると思いますが、理想だけで設計してしまうと、後悔してしまいます。

整理収納計画で住み心地の良い注文住宅を設計しましょう。整理収納計画を考えることで、収納するモノが見え、どこに何を収納するかがわかるため使いやすい収納スペースをつくることができます。

注文住宅の間取りのスタイルは、様々な種類がありますが、最近ではオープンスタイルの人気が高まっています。妥協せずに自分のライフスタイルに合った注文住宅を実現いましょう。

Back to TOP